おそろしくて言えない。

基本雑記。Web上で出会った素敵なもの蒐集。
Recent Tweets @tuji_aoi
Who I Follow
人間、練習すれば間違える。 計画すると失敗する。 覚えていると忘れる。 生きていると、死んじゃう。
細野晴臣 | Twitter / skmt09 (via kenmat) (via dtybywl) (via takaoka) (via thinkupstudio) (via onehalf) (via usaginobike) (via tk78) (via usaginobike) (via yoruaruk) (via tyore) (via hoimi) (via ryoutarou3) (via edieelee) (via himmelkei) (via giraffe-patterns)

・無職:マグロ
「職がない人は寿司を食べるとしてもカーチャンが買ってきたスーパーのパック寿司ぐらいしか食べる機会がないので、ネタ自体知りません。そのためもっとも有名なマグロと答えることが多いはずです」

・300万円~:サーモン、エビアボカドなどのネタ
「300万円しか無いと、まずまともな寿司屋には行けません(笑)。下手すると100円以上の回転寿司すら危ういレベルです。そのため100円寿司で美味しいサーモンやエビアボカドなどの子供向けなネタを答える傾向にあります」

・500万円~:塩レモンイカなど、塩を使ったネタ
「少しお給料が上がり、回転寿司でも1皿数百円の店に行ける人たちがまず感動するものといえば “塩” を使った寿司です。いままで醤油しかかけてなかったネタに塩をかけるだけでツウっぽく感じるため、塩を使ったネタを答えるでしょう」

・800万円~:煮ハマグリ、アナゴ、小肌など江戸前の技術を使ったネタ
「これぐらいのレベルになると、子だくさんでもない限りある程度お金に余裕が出てきます。そのため腕のいい職人さんが江戸前の技術を使って仕上げた小肌や煮ハマグリなどに感動することが多く、必然的にそういったネタが好きになるのです」

・1000万円~:ウニやトロなどの高級ネタ
「ここまで行くと自分で食べる寿司に払うだけでなく、チャンネーとシースーに行く余裕も生まれてきます。だいたいそういうチャンネーはウニとかトロが好きなので、誘い文句として『ウニのウマい寿司屋があるんだよ!』 と虚勢をはりたいために自分もウニやトロを好きという人が多いですね」

数千万円~:好きなネタを聞かれても “通っている寿司屋” を答える
「これぐらいの超絶勝ち組になると、もうネタとかそういうレベルじゃなくなるのです。2000万程度なら銀座の1~2万円ぐらいの寿司屋を答えることが多く、億近く稼いでいる人は銀座を軽く飛び越えて金沢の寿司屋を答えたりしますよ」

たとえ説得して一時的に引き止めても結局は辞めてしまうことが多い。だったら無理な説得をするよりも、すんなり辞めさせてリレーションをキープしたほうが後々を考えると得

A社にとって退職は「裏切り」と同義語であるらしい。退職の意思を示そうものなら[…]最後は社長が出てきて熱烈に説得され、それでも退職の意思が変わらないと「育ててもらった恩を忘れたのか!二度とお前の顔は見たくない」とけんか別れになり、その後退職者はA社とは縁切り状態になるという。このように書き連ねるとA社の社長は悪逆無道なブラック企業経営者のように思われるかもしれないが、素顔は熱血漢で情に厚いタイプなのである。

B社は社員の退職に関しては非常にさっぱりとしており、仕事の引き継ぎに支障をきたさない、顧客に迷惑をかけない、という条件の下、「気持ちよく」退職させることを是としている。B社の基本的な考え方は「当社に在籍しているかどうかより、同じIT業界で働いているということが大事。いずれどこかで一緒に仕事をすることもあるだろう」ということなのだ。

さらにB社では毎年OB会を開催して、退職者と現役社員の親睦を図るとともに、常にリレーションを絶やさないようにしているという。このような方針のためか、B社は1度退職した社員がまた戻ってきて再度入社する、いわゆる「出戻り社員」も多いという。

B社の社長は非常にドライである。会社は会社、プライベートはプライベートと割り切っている。だからA社の社長のように社員のプライベートに立ち入ることはほとんどない。円満退社の方針に関しても「たとえ説得して一時的に引き止めても結局は辞めてしまうことが多い。だったら無理な説得をするよりも、すんなり辞めさせてリレーションをキープしたほうが後々を考えると得だから」とさらりと説明する。

退職者への対応、熱血のA社、クールなB社 - すごい現場:ITpro

(via tsukamoto)

(giraffe-patternsから)

・無職:マグロ
「職がない人は寿司を食べるとしてもカーチャンが買ってきたスーパーのパック寿司ぐらいしか食べる機会がないので、ネタ自体知りません。そのためもっとも有名なマグロと答えることが多いはずです」

・300万円~:サーモン、エビアボカドなどのネタ
「300万円しか無いと、まずまともな寿司屋には行けません(笑)。下手すると100円以上の回転寿司すら危ういレベルです。そのため100円寿司で美味しいサーモンやエビアボカドなどの子供向けなネタを答える傾向にあります」

・500万円~:塩レモンイカなど、塩を使ったネタ
「少しお給料が上がり、回転寿司でも1皿数百円の店に行ける人たちがまず感動するものといえば “塩” を使った寿司です。いままで醤油しかかけてなかったネタに塩をかけるだけでツウっぽく感じるため、塩を使ったネタを答えるでしょう」

・800万円~:煮ハマグリ、アナゴ、小肌など江戸前の技術を使ったネタ
「これぐらいのレベルになると、子だくさんでもない限りある程度お金に余裕が出てきます。そのため腕のいい職人さんが江戸前の技術を使って仕上げた小肌や煮ハマグリなどに感動することが多く、必然的にそういったネタが好きになるのです」

・1000万円~:ウニやトロなどの高級ネタ
「ここまで行くと自分で食べる寿司に払うだけでなく、チャンネーとシースーに行く余裕も生まれてきます。だいたいそういうチャンネーはウニとかトロが好きなので、誘い文句として『ウニのウマい寿司屋があるんだよ!』 と虚勢をはりたいために自分もウニやトロを好きという人が多いですね」

数千万円~:好きなネタを聞かれても “通っている寿司屋” を答える
「これぐらいの超絶勝ち組になると、もうネタとかそういうレベルじゃなくなるのです。2000万程度なら銀座の1~2万円ぐらいの寿司屋を答えることが多く、億近く稼いでいる人は銀座を軽く飛び越えて金沢の寿司屋を答えたりしますよ」

(hkdmzから)

(1ttesimauから)

(1ttesimauから)

(hkdmzから)

zaiga:

2chan.net [ExRare]

(hkdmzから)